私たちが大切にしていること
「事件の現場で何が起こったのか」「どんな経緯があるのか」など、事実に関する情報はお客様しかわかりません。一方で、法律をあてはめて、どんな解決を目指すかのアドバイスは弁護士の仕事です。お互いがチームとしてベストを尽くし、最良の解決を目指す。私たちが一番大切にしていることです。私たちは、最新判例の把握、法改正の分析、および、日々の訴訟活動での経験の蓄積を通じて、お客様の問題を解決するための技を日々磨き続け、昨日よりも今日、今日よりも明日と、よりお客様に満足していただけるよう心がけています。

業務日誌

弁護士紹介

Lawyer

1

佐藤 優

masaru satou

私が大切にしていること

お客様とのチームワークを大事にして業務を行います。基本方針と費用の見積もりを提案し、ご了解を得て委任契約を結びます。細部を大切に、粘り強く、解決を目指します。

詳しく見る

2

西浦 善彦

yoshihiko nishiura

私が大切にしていること

熱き心をもった職人集団として、ご相談者様の法的問題の解決に邁進します。常に技を磨き、最新判例、最新の法改正に対応した最新の法的サービスを提供します。タイムリーな対応で不安を解消する瞬間解決サービス(SKS)を提供します。

詳しく見る

3

西中山 竜太郎

ryutaro nishinakayama

私が大切にしていること

チームメンバーでもあるお客様としっかりとコミュニケーションをとりながら、一緒に『真にベストな紛争解決の形』を見つけ、それを実現することを何よりも大事にしています。訴訟や交渉等の際には、不撓不屈の精神で、粘り強く、弁護士が職人であることを強く意識しながら業務を遂行しています。

詳しく見る

4

熊谷 裕夫

hiroo kumagai

客員弁護士

詳しく見る

業務内容

Business

訴訟代理人

訴訟代理人とは、ご依頼の会社や個人の皆様が、裁判所に訴訟を提起して、「貸したお金を回収したい。」「損害賠償を求めたい。」と希望する際に、皆さんの代理人として、訴状等の書面を作成し、また皆さんとともに、または、皆様と一緒に法廷に出頭することで、裁判の結果が適切なものになるように、お力添えを行う業務です。裁判手続きでは、依頼される方と代理人弁護士のチームワークで前向きに進めることが最も大切であると考えています。
当事務所では、今まで、顧問会社の代理人として、損害賠償請求訴訟、売掛金回収訴訟、不動産関係訴訟を数多く手がけるとともに、個人の方の代理人として、遺産分割請求訴訟、離婚訴訟、交通事故訴訟など、さらには、裁判員裁判における刑事弁護人なども多く手がけており、多様なケースの訴訟に対応ができる技を磨いてまいりました。現在では、東京、神奈川、埼玉を中心に、他府県での訴訟代理人も務めています。

会社法律顧問

会社法律顧問とは、弁護士が、企業様との間で継続的な法律顧問としての契約を締結させていただき、企業活動上において日々発生する、契約問題、労務問題に対して、タイムリーな法的サポートをさせていただく業務です。企業活動においては、紛争が拡大した場合、多大な損害が発生する可能性があるため、日々の業務の中で契約書の記載に注意を向けたり、従業員の労務環境を適法に保つことで、紛争化を防止することが重要です。
現在数十社の企業の皆様と法律顧問契約を締結させていただいております。
  規模は、東証一部上場企業様から個人経営企業様まで、業種は、不動産関連企業、精密機械企業、医療機関、金融機関、社会福祉法人、芸能プロダクション、飲食店など、多様な企業の皆様に信頼いただいております。

暮らしの法律相談

昨今の高齢社会において、老後の問題、相続における法的問題への対応は、当事務所にとって重要な業務になっております。従来から手がけてきた、遺産分割に関する調停、訴訟、遺言書作成などの業務に加え、成年後見人、成年後見監督人、任意後見人などの高齢者の老後ケアのサービスを拡充し、経験を蓄積しております。また、離婚事件等の夫婦の問題、刑事事件の対応も行っております。

事務所情報

office

名称
佐藤・西浦・西中山法律事務所
住所
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRoP8階 805
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口より徒歩1分
※平成30年7月(予定)まで1番出口閉鎖中につき、2番または3番出入口をご利用ください。
※お車でお越しの方はビルに駐車場がございます。
TEL
03-5776-1288
FAX
03-5776-1289